読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バスケット好きエンジニアの独り言

守口市で活動する小学生バスケットボールクラブのコーチが綴るブログです。

great basketball
with great friends

Kindle unlimitedを使ってみた感想 @読書の秋に向けて

Kmazon unlimitedは素晴らしいサービスで、可処分時間の奪い合いになる

 Amazonによる電子書籍読み放題サービス「Kindle Unlimited」が日本でも始まった。月額980円で、洋書も合わせると120万冊以上が読み放題の対象となっている。利用開始から1ヵ月は無料試用期間のため、登録して利用してみた。

f:id:grapeBiscuit:20160824213011j:plain

電子書籍を初めて触った時"これはいいなぁ"と思ったのだが、使い続けていると"無制限に読めたらいいなぁ"と思うようになった。その願いをかなえてくれたのがKindle unlimitedだ。Kindleが登場した時は、手元に本屋が常にある状態であったが、Kindle unlimitedは図書館が常に手元にある状態だ。気になった本を存分に開くことができ、中を見ることができる。これは非常に大きなポイントで、情報にあふれた我々世代は斜め読みが得意である。本を好きなだけ斜め読みし、気に入ったものだけ購入することができる。(Kindle unlimitedでストックできる本の数は10冊まで) これまでのKindle storeでも、お試しという形で無料で中を見ることができたが、目次だけであったりして実際の本屋とはほど遠いもであった。だが、Kindle unlimitedはその穴を埋める。本屋の立ち読みと同じことがオンラインでできるのだ。

よくKindle unlimitedに登録すべき理由として、本を2冊買うよりも月額980円は安いという意見がり、それはその通りである。しかし、それ以上に、本の立ち読みとして大いに意味のあることではないか。本は知識の宝庫であり、その宝庫へのアクセスがフリーになる。こんな素晴らしいことはない。あとはコンテンツが充実することを祈るばかりだ。

Prime musicを使い、Prime videoを使い、Kindle unlimitedを使い、Amazonで買い物をする。もうAmazon抜きの生活は考えられない。まさにAmazon経済圏だ。。。

ちょっと待てよ、○○経済圏と言えば、楽天経済圏と聞いたことがある。

corp.rakuten.co.jp

楽天経済圏も僕が感じているAmazon経済圏と似たようなもの(考え方としてはもっと素晴らしいものであるが)である。その楽天も書籍定額サービスを始めたようだ。

itpro.nikkeibp.co.jp

なんでもっと早くやらなかったのかなぁとしかコメントできない。ファシリテータにならないといけない業界であることは一番わかっている企業のはずなのに足取りが遅い。楽天もすでに大企業病と言われてしまうのだろうか。同じサービスならコンテンツの豊富さがモノをいう。そうなると巨大なAmazonがほほ笑むのは時間の問題だ。

話は飛んだが、すでにAmazon経済圏に住んでいる私である。Amazon unlimitedでどれだけ本が読めるかは、私の可処分時間によるところが大きくなりそうだ。