読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バスケット好きエンジニアの独り言

守口市で活動する小学生バスケットボールクラブのコーチが綴るブログです。

great basketball
with great friends

虎穴に入らずんば虎子を得ず @練習試合

"サボテン" "トマト" スタイル

今日は豊中市の小路小学校で小路ミニと練習ゲーム。他地区に行くのって楽しいですよねー^^ 守口市で活動している我々は、一つ隣の門真市駅に集合。朝7:30集合の早起きも良いもんです。門真市が始発の大阪モノレールでビューンと一本で小路駅まで。途中で見える太陽の塔につられてうっかり万博公園で降りそうに...なってません。今日は大事な大事な練習ゲームなんですから。

前日のミーテイングで決めた事。ディフェンスのポジショニングルール、リバウンドのボックスアウトのルール、オフェンスのパスランのルールをきっちり第一ピリオドから第四ピリオドまでやりきる事、リングへ向かう戦う気持ちを出し続ける事を目標に向かいました。
内容は...良い成果を感じられました。
プレーヤ5人とベンチが戦う気持ちを持っていた時は良い流れ、誰か一人が戦う気持ちを失って他人任せになったタイミングでは悪い流れ。気持ちの変化とゲーム展開が誰の目に見ても明らかな試合でした。因みにコーチは熱くなりすぎて、ルールで決められた数よりも多くタイムアウトを取ってしまいました。少し反省、、、
もう君たちは新チームで6年生5年生なんです。頼りにしていた上級生はもういないんです。困った時には自分で解決しなければなりません。自覚を持って欲しいなと感じております。戦う気持ちが無ければ、初めから誰かを頼りにしていては、戦場では何もできません。
虎穴に入らずんば虎児を得ず。君たちの掲げた目標は高いものです。高い目標を達成するには、勇気が必要と古くから中国より伝えられています。そう、100%勇気!!!

1日でチームを引っ張ろうとする姿と誰かを探す姿と両方の姿が見れた試合でした。1日で姿勢が変わったプレーヤもいて、それがコーチにとってチームにとって何よりの収穫でもありました。毎日自分なりのやり方で試行錯誤して努力していることをコーチはなんとなく感じています。その溜めた溜めた努力が発揮できたんじゃないでしょうか。自分なりの工夫。これが大事なポイント。お父さんやお母さんの言った事じゃなくて、チームメイトの猿真似じゃなくて、自分のやり方を考えて見つけて努力してるんだろうと思っています。

文頭の"サボテン" "トマト" スタイルというのは帰路で保護者の方と話していた時に思いついたワードです。常に水をやる必要は無く、日差しの当たる風通しの良い環境に置くことが大事。一見土が乾いているように見えても、土の中が湿っていれば水はあげない。内部まで土が乾いていれば水をたっぷりとあげましょう。
プレーヤを育てるのにも通じるところがあるのではないでしょうか。

"可愛い子には旅をさせよ" 息子・娘たちの旅は今日から始まります。保護者と見守りながら、プレーヤの近くにいられるバスケットボールコーチでありたいと願う1日でした。