読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バスケット好きエンジニアの独り言

守口市で活動する小学生バスケットボールクラブのコーチが綴るブログです。

great basketball
with great friends

中学生と合同練習 @樟風中学校

下手糞の上級者への道のりは己が下手さを知りて一歩目

今日は守口市立樟風中学校の男子バスケ部と合同練習をしてきました。1月上旬に交歓試合をしてから2回目の合同練習。中学生と小学生の交流は教える方も教えてもらう方も勉強になり、定期的にやりたいなぁと思っています。樟風中学はラビッツ卒業生が多数在籍しているからか、"はじめまして、よろしくお願いします"とドキドキした気分ではなく、"よっ〇〇、久しぶりっ!!"ってな感じで、距離感がだいぶ近いような気がします。僕はまだ大阪に来て1年も経っていないのでそこらへんの歴史はまだよくわかっていませんが... 樟風中学の生徒は時々ラビッツに来てくれて、その子達はよく知っています。いつもありがとう。ともあれ、中学生と真剣にプレーできるのは小学生にとって大きな価値じゃないでしょうか。

今日は、ディフェンスの基礎メニューを多く取り入れて貰いました。基本姿勢からステップの踏み方などなど。勉強になりました。中学校でやった同じメニューを日々のラビッツの練習にも取り入れていきますよ。練習をパクるのはある意味僕の得意分野でもあります。今やっている練習もどこかのチームの練習をパクってアレンジを重ねたものばかりです。学ぶことは真似ることから始まりますよね、やっぱり。ラビッツは基本重視です。中学に上がっても基本をみっちりやることが大事。それを教えてもらえる中学に入れるのは何にも代えがたい喜びだと思います。ラビッツの練習がそのまま中学校でも役に立つ、そんな環境を目指したいと思っています。

半日の合同練習を終えて、中学の先生は言葉の伝え方,噛み砕き方が上手いなと感じました。コーチとして悔しさを覚えるほどに。特に樟風中学の先生は自分でやってみせる事が多かった印象を受けました。僕はなるべく言語化して教えたいと考えてこれまでやって来ましたが、もう少し増やしてもいいかもしれません。僕もまだまだだ勉強することがたくさん、変化する部分もたくさんあります(^^) 前向きに捉えてやっていきましょう!!

中学生は来月から大会が始まると伺いました。そんな中合同練習を受けていただきありがとうございました。また大会が終わりましたら是非ともお願いします!!